会場
山形テルサ      
会期 2024年
7/31 (水) - 8/3 (土)      
(8/3(土)は見学会を実施)      


第21回日本加速器学会年会



参加要項

・参加登録と発表申込について


事前参加登録期間:4 月 23 日(火) - 7 月 5 日(金)
円滑な年会運営のため、現地受付を不要とし会場での混雑をさけるべく、登録住所宛に参加証の発送を予定しております。
円滑な年会運営のため事前登録・事前支払いへのご協力お願い致します。

参加費支払い:専用の Web ページにてお支払い頂きます。クレジットカード払い、コンビニエンスストア払いでの振り込みをお選びいただけます。事前支払い期限は事前登録期限と同様、7 月 5 日(金) です。


参加費:
                            事前支払/ 当日支払
◆ 会員(一般)  7,000 円/   8,000 円
◆ 会員(学生)  2,000 円/   2,500 円
◆ 非会員(一般) 9,000 円/  10,000 円
◆ 非会員(学生) 4,000 円/   4,500 円

参加申込は専用WEBページよりお手続きください。(国際文献社の決済システムを利用しています。)


発表対象:加速器科学、加速器技術、ならびに加速器の応用に関すること

安全保障研究に対する日本加速器学会の対応:
日本加速器学会では、定款にて学会の目的を示しており、加えて、倫理綱領では、学問の発展と社会公益に貢献するために会員が遵守すべき事項を列記しております。これら学会の理念を確認したうえで発表申込をお願いします。

定款(https://www.pasj.jp/teikan.html
倫理綱領(https://www.pasj.jp/rinrikoryo.html
安全保障研究に対する日本加速器学会の対応(https://www.pasj.jp/anzenhosho.html

発表申込:4 月 1 日(月) 11:00 - 5 月 10 日(金) 24:00 (予定)    発表申込時にアブストラクトを提出していただきます。
   申込期限厳守でお願い致します。
※ アブストラクト・プログラムの公開は、「6月下旬」を予定しております。「プレス発表」、「特許出願」などを予定されている発表者は、公開されても良い内容にしていただくよう、お願いいたします。
※ 発表申込・プログラム・プロシーディングスに関する連絡先は行事委員会(pasj-program@conf.bunken.co.jp)です。第20回年会時とは異なりますのでご注意ください。

発表資格:原則として正会員(一般、学生)、シニア会員、名誉会員でもない(以下、非会員と略記)年会参加者の発表は認めません。ただし、以下についてはその限りではありません。

〇 学生非会員の発表は認めます。

〇 賛助会員の場合は、以下のように会費口数に応じて、または発表費を支払うことにより、非会員の発表を認めます。

・5 口までは1人、5 口を超える分 1 口につき1人の非会員発表を認めます。

・上記会費口数により許される人数以上の非会員発表は、賛助会員または発表者が1人当たり1万円の発表費を支払うことにより、これを認めます。


入会方法:非会員で発表申込みをされる方は、先にご入会をお願いします。会員になって頂くには、学会ホームページ (https://www.pasj.jp/nyuukai.html) よりオンラインでお申し込みいただくか、または入会申込書をダウンロード頂き、ご記入後に本サーキュラーの末尾にあります学会事務局宛てに E メールでお送りください。その後、会費の振込書類をお送りさせて頂きますので入金をお願い致します。なお、ご入会に際しては 1 週間程度の審査期間がございますので、余裕を持ってお申込みください。

プロシーディングス提出:事前に年会の Web ページ経由でのみ受け付けます。プロシーディングスの提出期限は、年会会期翌週の月曜日の 8 月 5 日(月) 24 時 (予定)です。期限後に提出頂いたプロシーディングスは受け付けません。提出期限厳守でお願い致します。なお、日本加速器学会年会賞の応募申込をされた方の提出期限は、会期前日である7月30日(月) 24時です。プロシーディングス提出が審査対象条件となりますのでご注意ください。口頭発表に関しては、スライドファイルの事前アップロードをお願いします。
プログラムのカテゴリー:下記のカテゴリーを予定しています。各カテゴリーのキーワードを記載しますので参考にしてご検討ください。発表申込時に、第1希望、第2希望を、ご選択いただくことになります。


カテゴリーキーワード
「電子加速器]性能向上、将来計画、線型加速器, 円形加速器、リニアコライダー、その他の関連技術
「ハドロン加速器」性能向上、将来計画、線型加速器、円形加速器、静電加速器、ミューオン、その他の関連技術
「光源加速器」性能向上、将来計画、放射光リング、FEL、コヒーレント放射、THz、挿入光源、その他の関連技術
「ビームダイナミクス・加速器理論」インピーダンス、インスタビリティ、粒子シミュレーション、電磁場計算、コライダー技術
「加速器技術 (粒子源)」電子源、イオン源、荷電変換、陽電子源、中性子源、ミューオン源、その他粒子源
「加速器技術(加速構造)」高周波、誘導加速、誘電体加速、超伝導、常伝導、空胴、空洞、加速管
「加速器技術(高周波源・LLRF)」クライストロン、モジュレータ電源、大電力RF系、低電力高周波制御
「加速器技術(電磁石と電源)」超伝導磁石、常伝導磁石、永久磁石、パルス磁石、電源
「加速器技術(ビーム診断・ビーム制御)」ビーム診断、ビームモニター、ビームフィードバック(検出器、信号処理、キッカー)
「加速器技術(加速器制御)」制御システム、フィードバック、タイミング、インターロック、機械学習
「加速器技術(レーザー)」ビームレーザー相互作用、レーザー技術、レーザー加速
「加速器技術(真空)」真空コンポーネント、材料、表面、排気システム、圧力計測、ビーム起源の真空挙動
「加速器応用・産業利用」粒子線治療、滅菌処理、X線非破壊診断、静電加速器応用、RI製造、中性子、電子線改質、利用支援
「加速器土木・放射線防護」アライメント、加速器インフラ、建屋、冷却、空調、放射線遮蔽
「萌芽的加速器技術の提案」斬新的・新奇的な研究発表

注)「萌芽的加速器技術の提案」では自由な発想からのイノベーションを目的として、加速器のハード、ソフト、関連する幅広い研究対象について斬新的・新奇的な研究発表を募集いたします。ショートプレゼンテーション及びポスターで発表頂きます。自由な発想の提案奨励のため、他の発表に比べ研究が未完でも許容します。初日の合同セッション直後のショートプレゼンテーションで概要説明・宣伝を行うことができるものです。経験、年齢、所属を問わず奮ってご応募下さい。

研究発表の形式:発表形式には、一般口頭発表、一般ポスター発表、施設技術報告ポスターの 3 種類があります。

*一般口頭発表、一般ポスター発表については、発表申込時にプログラムカテゴリーから第1、第2希望を選択してください。

・発表形式の決定はアブストラクトを参考にプログラム委員会で行います。

・発表者への連絡はプログラム決定後の「6月下旬」を予定しております。

・アブストラクト・プログラムの公開も、「6月下旬」を予定しております。「プレス発表」、「特許出願」などを予定されている発表者は、公開されても良い内容にしていただくよう、お願いいたします。

・一般口頭発表、一般ポスター発表とも、希望された型式と異なる形式とさせていただく場合があります。予めご了承ください。

*一般口頭発表の申し込みは発表者1人につき1件までとさせていただきます。

・口頭発表スライドは会期前に事前にアップロードしていただき、会場に設置したPCに予め保存させていただきます。

・発表前の休憩時間などに会場にて事前にご確認ください。

・口頭発表のスライドは公開予定です。

・公開の可・不可については別途お伺いします。

・発表者または責任者を明示したアブストラクトとプロシーディングスの提出をお願いします。

*一般ポスター発表の申し込みの件数に制限はありません。

・一般ポスター発表はポスターセッションで発表していただきます。

・一般ポスター発表の内、「萌芽的加速器技術の提案」のカテゴリーで発表される場合、ショートプレゼンテーションを行った上で、会期中2日間以上のポスターセッションで発表していただきます。発表日数は一般ポスター発表の申込件数によって変動いたしますので、予めご了承ください。

・発表者または責任者を明示したアブストラクトとプロシーディングスの提出をお願いします。

・ポスターセッションのコアタイムには説明者が常駐して下さい。

*各施設での加速器の運転状況やトラブル例などの報告は施設現状報告ポスター展示でお願いします。

・施設に関する報告であっても進行中のプロジェクト等に関する発表は、一般口頭発表、一般ポスター発表に申し込んでいただいてかまいません。

・施設現状報告ポスター展示は会期中3日間の常設を予定しておりますが、一般ポスター発表の申込件数によっては変更する場合があります。予めご了承ください。

・一般ポスター発表と同様に、発表者または責任者を明示したアブストラクトとプロシーディングスの提出をお願いします。

・ポスターセッションのコアタイムには説明者が常駐して下さい。


発表要領:詳細はプログラム確定後、お知らせします。

日本加速器学会年会賞:
研究活動・研究者生活の初期段階にある、学生および若手研究者を奨励することを目的として、日本加速器学会年会賞(口頭発表部門、ポスター部門)を設けております。以前に受賞された方は、口頭・ポスターの別にかかわらず受賞対象外です。受賞者は申込み段階で正会員(一般、学生)であること(発表当日までに入会手続きを完了していること)を条件に致します。研究初期段階および若手を支援するという趣旨のために事務局から年齢やキャリアをお尋ねすることがあります。審査希望者は発表申込時にエントリーしてください。ただし、お 1 人につき 1 件のみのエントリーといたします。また、審査の対象となるのは発表内容ですが、会期前日である7月30日(火)24時までのプロシーディングスの提出を審査の条件といたします。なお、受賞者の発表は8月2日の閉会式にて行いますので、応募者は閉会式にご参加ください。多くのご応募をお願いします。

論文形式:
☆アブストラクト:年会の Webページにて、タイトル・著者・所属と発表内容の概要を事前に提出していただき、プログラムの構成に利用させていただきます。アブストラクトは提出締め切り後、準備が出来次第 Web上でも公開いたします。
☆プロシーディングス:1つの発表につき 2-5 ページとします。和文・英文どちらでも可です。論文のフォーマットは、和文の場合は年会 Webページ*1から、英文の場合は JACoW 形式とし JACoWのWeb ページ*2から、最新のテンプレートをダウンロードしてお使いください。古いテンプレートのご使用は避けてください。作成に当たってはテンプレートからの逸脱が無いようご注意願います。
*1 https://www.pasj.jp/templates.html
*2 https://www.jacow.org/index.php?n=Authors.HomePage



*参加・企業展示等の連絡先:
   
日本加速器学会年会ヘルプデスク
住 所:   〒162-0801 東京都新宿区山吹町358-5 アカデミーセンター
mail:   pasj-desk@conf.bunken.co.jp
FAX:   03-5227-8632


*発表申込・プログラム・プロシーディングスの連絡先:
   
行事委員会
mail:   pasj-program@conf.bunken.co.jp

▲ページトップへ