PASJロゴマーク

日本加速器学会

  1. Home>
  2. 会長メッセージ>
  3. このコンテンツ

日本加速器学会会長からのメッセージ

ホームページをご覧の皆様へ

 日本加速器学会は、加速器科学、加速器技術およびこれ等に密接に関連する学問の進歩発展を図り、もって社会に貢献することを目的として活動している学術団体です。大学、研究機関、企業等に所属する研究者、技術者を中心に約900名の会員が参加しています。
 加速器は、高いエネルギーを持った電子やイオンを作り出す装置です。加速器を使えば、分子、原子、原子核、素粒子といった物質の根源から、138億年前の宇宙の起源まで、われわれが直接見ることのできない世界を調べることができます。また、自動車用タイヤの改質、医療用注射器の滅菌といった身近な製品にも加速器が利用されており、最近では、加速器を使った粒子線がん治療が、がん治療の選択肢の一つとして広く知られるようになっています。
 多くの分野で活躍する加速器の性能を高め、さらに使いやすいものとするため、日本加速器学会は、年会の開催や会誌の発行を通して、会員間の交流を促すとともに、ホームページ等を通して会員外への情報提供を行っています。
 先端科学に貢献する加速器は、それ自体も先端科学の粋を集めた最新技術から成り立っており、電磁気、プラズマ、放射線、真空、制御、土木など加速器を支える学問は広範囲にわたっています。加速器は、科学として興味深い研究対象です。多くの方々に、加速器研究の意義と面白さを知っていただき、学会活動へのご理解とご支援をいただけることを願っております。

羽島良一
Ryoichi Hajima
日本加速器学会第8期会長